団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、担保や保証人の代わりになる保険で、金融機関から融資を受けた人達を対象とした保険です。


団体信用生命保険は、債務者が高度障害や死亡してローンの返済が不可能になった場合に、生命保険会社が金融機関に保険金を支払い、ローンの完済をします。


団体信用生命保険の契約は、債務者を被保険者にして保険金の受取人になるようにします。


団体信用生命保険は、被保険者がローンの返済が不可能になった時に、金融機関に生命保険会社が保険金を支払うようになっているので、被保険者の遺族は保険金で債権責務は相殺されることにより、家を手放さなくていいのです。


続きを読む

生命保険会社が破綻したら

もしも、生命保険会社が破綻したら私達が加入している生命保険は、どうなるのでしょうか。


今まで支払っていた生命保険料は、無くなってしまうのでしょうか。


生命保険会社の破綻は、起り得なかった事ですが、生命保険に加入している人は90パーセント以上の割合にもなるので、自分が加入している生命保険会社の経営状態を気にしている人も、数多くいるのではないでしょうか。


生命保険会社が破綻しても、保険料が無くなってしまうという事はなく、減額はされてしまいますが保険料は保護されるので、心配はありません。


それは、なぜなのでしょうか。


続きを読む

生命保険協会とは

生命保険協会とは、明治41年12月7日に社団法人の認可を受けて、生命保険事業の信頼性と健全な発達の維持を図るのを目的としている協会です。


2006年4月現在で生命保険協会には、明治安田生命保険相互会社、朝日生命保険相互会社、住友生命保険相互会社、アメリカンファミリー生命保険会社などの計38社の生命保険会社が加盟しています。


生命保険協会は、代理店や営業職員の教育を行なっていて、一般課程・専門課程・応用課程・生命保険大学課程・変額保険販売資格制度があります。


一般過程は、生命保険の基礎知識を習得することで、営業職員は入社から3ヶ月間の研修を受けることになっていて、また代理店では、研修の前に業務委託説明会を行ないます。


続きを読む

生命保険レディとは

生命保険レディとは、一般家庭や企業を訪問して生命保険の契約をする仕事をしている女性の生命保険外交員の人です。


バブルの時代にはおよそ44万人もいた生命保険レディも、今では年々減ってきておよそ26万人になっています。


生命保険会社では、一年間に10万人も新規採用しますが、それ以上の人が契約を取れないで辞めてしまう人もいるのが現状です。


現在の生命保険会社でも、約8割の新入社員が2年以内に辞めていくそうです。


生命保険レディは、生命保険の新規契約をしたり、契約をした後のフォローをすることも重要な仕事なのです。


続きを読む

生命保険会社の選び方

皆さんは、生命保険会社を選ぶ時どうやって選んでいますか。


生命保険は、一生涯の商品なので保障内容や保障額、月々の保険料の他にも考えておかないとならないのが、経営破綻をしない保険会社かという事です。


どのように経営破綻をしない保険会社を選べば良いのか、確認する方法が三つあります。


皆さんは生命保険に加入したり、見直しをする時何を重視しますか。


ほとんどの人は、保障内容や保障額、月々の保険料だと思いますが、経営破綻をしないという事は、将来の事なのでわかりません。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。