生命保険レディとは

生命保険レディとは、一般家庭や企業を訪問して生命保険の契約をする仕事をしている女性の生命保険外交員の人です。


バブルの時代にはおよそ44万人もいた生命保険レディも、今では年々減ってきておよそ26万人になっています。


生命保険会社では、一年間に10万人も新規採用しますが、それ以上の人が契約を取れないで辞めてしまう人もいるのが現状です。


現在の生命保険会社でも、約8割の新入社員が2年以内に辞めていくそうです。


生命保険レディは、生命保険の新規契約をしたり、契約をした後のフォローをすることも重要な仕事なのです。


生命保険レディの仕事をする場合は、生命保険業界共通体系の研修を受け、一般課程試験に合格し財務局に登録しなければなりません。


そしてその後は、所属する生命保険会社の地方支部や営業所に拠点を置き、一般家庭や企業に生命保険の営業を行ないます。


また生命保険レディの給与は、実力の世界なので少しの固定給と歩合給の収入だけなので、契約数が少ないと一ヶ月数万円という人もいますが、トップになると契約数が増えるので高収入の人もいるということも事実です。


しかし、現在の生命保険のコンサルティングの営業を行なうには、限界があるということではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。