生命保険会社が破綻したら

もしも、生命保険会社が破綻したら私達が加入している生命保険は、どうなるのでしょうか。


今まで支払っていた生命保険料は、無くなってしまうのでしょうか。


生命保険会社の破綻は、起り得なかった事ですが、生命保険に加入している人は90パーセント以上の割合にもなるので、自分が加入している生命保険会社の経営状態を気にしている人も、数多くいるのではないでしょうか。


生命保険会社が破綻しても、保険料が無くなってしまうという事はなく、減額はされてしまいますが保険料は保護されるので、心配はありません。


それは、なぜなのでしょうか。


生命保険は、生命保険契約者保護制度によって保護されているからなのです。


生命保険契約者保護制度というのは、国内で営業している民間の保険会社を対象とした、ひとつの保険契約について責任準備金の90パーセントを保護する制度のことです。


また、外資系の保険会社でも国内で運営していれば対象になりますが、90パーセントしか保障額が無いことは事実なのです。


今は、昔と違い生命保険会社が破綻することは無い、とは言い切れない事です。


生命保険会社が破綻しても、生命保険料が無くなる事はありませんが、生命保険会社の経営状態をよく調べて生命保険を選ぶ時代になってきているのです。


生命保険契約者保護機構という団体が、生命保険契約者保護制度に基づき保険料や契約者の保護を行なっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53012771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。