団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、担保や保証人の代わりになる保険で、金融機関から融資を受けた人達を対象とした保険です。


団体信用生命保険は、債務者が高度障害や死亡してローンの返済が不可能になった場合に、生命保険会社が金融機関に保険金を支払い、ローンの完済をします。


団体信用生命保険の契約は、債務者を被保険者にして保険金の受取人になるようにします。


団体信用生命保険は、被保険者がローンの返済が不可能になった時に、金融機関に生命保険会社が保険金を支払うようになっているので、被保険者の遺族は保険金で債権責務は相殺されることにより、家を手放さなくていいのです。


団体信用生命保険は、債務者にも仕組みとなっているのが特徴といえます。


また、最近の消費者ローンにも保険があります。


やはり、被保険者がローンの返済が不可能になった時に、保険金がローンの返済に充当します。


このような仕組みを取り入れることで、信販会社などの債権が安全に保護されることによって、割賦販売を円滑にしているのです。


よって被保険者の遺族は、生計を維持することができ、また団体信用生命保険の保険期間は、債務と債務返済の期間はローンの返済により減少していきます。


ただし団体信用生命保険は、遺族の生活資金を確保するために加入すればいいので、今現在加入している生命保険の保険金額を低くされる可能性もあるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53012898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。